【冬限定】初詣でイベントナースのお仕事

お正月になると神社に初もうでに出かける人も多いです。自宅の神社を思い出してください。正月には長蛇の列を参拝客が作っている光景を目にしたことはありませんか?

神社の境内は多くの参拝客でごった返しますので、思わぬアクシデントが起きる可能性もあります。たとえば行列が混乱して将棋倒しになってしまうケースも考えられないことではありません。またお正月の浮かれモードでついお酒を飲み過ぎてしまった状態で初もうでに訪れる人もいるでしょう。足元がふらついて、階段から転落するということもあり得ます。

そこで神社の中には、そのようなけが人が出たときのために救護室を設置している所もあります。救護室の中には看護師が常駐して、もし何らかのアクシデントが起きた場合に応急処置を施すわけです。

このような初詣のイベントナースの募集が行われることもあります。大みそかからお正月にかけては特に多くの参拝客がやってくるので、場合によっては忙しくなるかもしれません。


【追記】
イベントナースの体験談などを綴っている看護師のブログを発見したのでシェア。アルバイトを探している看護師の参考になるサイトです。
http://www.touslesparcsnaturels.com/

年末年始はツアーナースの求人が増える!

テレビのニュースなどで、年末年始を海外で過ごす人が多いという話題が年末になるとしばしば取り上げられます。年末年始には結構まとまった休日がもらえる人も多いので、どこかに旅行に出かけるという人も多いです。そこで看護師の年末年始のアルバイトの中で、ツアーナースの案件はぐっと増える傾向が見られます。

ツアー客に添乗するような形で同行し、ツアー参加者の中で体調を崩している人はいないかどうかのチェックをします。もしも体調を崩すお客さんがいたとか、ツアーの途中でけがをしてしまった場合には応急処置をします。もし自分の処置だけでは完璧に問題解決できないというのであれば、近くの病院に入れて本格的な治療を実施します。

旅行ツアーを見てみると、4泊5日から1週間前後の行程のものが多いようです。ツアーナースはこの期間ずっとツアー客と一緒になって行動します。給料は日給で12000~14000円程度になりますので、ほかのバイトと比較するとかなり割のいい仕事といえるでしょう。

スキー場で働く看護師の仕事内容

スキー場の看護師の仕事内容は、基本的にスキーやスノボをしているお客さんでけがをした人の応急処置を施すことになります。医務室や救護室の中には、もしもの場合に備えて必要な薬などは用意されています。しかしそれでも、病院やクリニックのような本格的な医療施設ではないので、最低限の装備しかありません。

このため、もし大けがで自分の手には負えないという場合には救急車を手配しないといけないケースも出てきます。しかし救急車を手配するにしても、すぐに現場に到着できるわけではないので、できる限りの必要な処置を施します。

大けがをしている人の中には、医務室まで来られないというケースもあり得ます。その場合には、現場に看護師が急行することもあります。スキー場のスタッフが雪上バイクやスノーモービルなどを運転してくれるので、それに乗っかって現場に向かうスタイルをとることが多いです。いち早く事故を見つけるために、定期的にパトロール隊について巡回することもあります。

【年末年始限定】病院スタッフの求人

病院の中には、年末年始限定で仕事をしてくれる看護師の募集を行っていることがあります。年末年始は通常のスタッフでも何日かまとまった休みを取ることが多く、病院のスタッフが手薄になります。その人材を補うために短期バイトをしてくれる看護師の募集が広く行われるわけです。

年末年始のバイトの仕事内容に関しても基本的には変わりありません。病棟の担当として、患者の介護や看護を行います。年末年始の場合、期間限定で外出許可のもらえる患者は多いです。このため、医療スタッフの数が少なくなる一方で、患者の数も少なくなります。ですから日常と比較すると、それほど業務量も多くはありません。比較的のんびりと年末年始を仕事をしながら過ごせる可能性は高いです。

年末年始のバイトのメリットは給料の高い所にあります。応募する人も少ないので、結構病院のバイトは年末年始にはあると思ってください。別に仕事をしながら年末年始を過ごしてもいい人は、特に大晦日と三が日の仕事を希望すれば、まとまった給料がもらえます。

【冬限定】スキー場で救護のお仕事

冬になるとウィンタースポーツをしに出かける人も多いです。まとまった休日が取れるとスキー場にくりだし、スキーやスノボに興じるという人も多いのではありませんか?このスキー場で看護師の資格を生かしてバイトしている人も中にはいます。スキー場の中に医務室や救護室を設置して、けがをしたお客さんの応急処置にあたります。

スキーやスノボをしている人の中には、転倒をしてけがをする人もいます。初心者の場合、すぐに転倒しますし転び方も体にしっかりと馴染んでいないことも多いです。このため傾斜の緩い所や平地で転倒してちょっとしたけがをしてしまうことがあります。また上級者でも、けがをする可能性があります。特に上級者の場合、難易度の高いコースでスキーやスノボをする人も多いです。その分転倒してけがをするリスクも高いです。

人気のスキー場になると、ゲレンデに多くのお客さんがスキーやスノボをしています。このため、お互いの不注意で激突してけがということも考えられます。よって応急処置の施せる看護師をスキー場に常駐させる必要があるわけです。

スキーやスノボなどのウィンタースポーツが趣味の看護師にはお勧めの仕事です。多くのスキー場で職員特典として、リフトやゴンドラが無料、もしくは通常よりも割引価格で利用できます。